読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しい服の選び方=「飽きない服」選び

ショッピングに行く時、好きな物を選ぶ時に「条件」を幾つか満たしているのは事実。例えば今日の気分に合った色だったり、持っている服との相性だったり、その服自体の価値だったり、たくさんの選び方がある。だから人はそれぞれ違うスタイルを作っていって、だからファッションは面白い。「みんな違ってみんないい」w

だが、持っている服は全て長く着続ける物、重宝する物であって欲しい。

多くのパターンで、長く着続ける物とはその服が象徴する性格が、自分自信の性格とがマッチした時に選ぶ物と多くの人も感じたことだろう。

例えば、もし自分が元々静かな人で、静寂が好きだったならば、柄はできるだけ慎みやかなのがいい。あるいはとても薄い水色や、薄いピンク、白、黒、グレーといった静かな色をしたプレーンなTシャツ。このように、ファッションは、着用する人間と渾然となってある哲学、ライフスタイルを映し出すことで初めてその真の価値を発揮して、そこに芸術が生まれると言える。

f:id:frenchycoach:20160722005817j:plainf:id:frenchycoach:20160722005854j:plain

このように、二つの全く違うタイプのTシャツは、第一印象で二つの全く違うタイプの性格を演出する。

自分の性格は、色や柄のタイプ以外にも、上記の写真から分かるようにフィット感や質自体の選び方次第でも変わる。例えば、ゆったりしたTシャツはチルな、リラックスした親しみやすい感じを出し、スリム・スキニーフィット系はよりアクティブな感じ、引き締まった感じを演出する。どちらがいいかは、あなた次第、その日その日の気分に合わせればいい。

ある意味、長く着るTシャツとは、それを買うのに十分な時間をかけて考えた、選び抜いた物かも。

その正しい選び方をマスターするには、ファッションを知る前にまず自分を知ることが大事なのかもしれない。具体的に言えば、フィット感、色、質、ブランドなどのTシャツの要素が自分の性格、価値観と共通点がある分、選んだ物を愛用し、長持ちするということになる。

これは、全ての服にも適用する。